熊本市中央区水前寺にあるゆう整骨院は骨盤矯正・猫背矯正・スポーツ外傷・トレーナー・交通事故治療などを行い各種治療に保険証が使えます。

産後矯正

マタニティ・産後の骨盤矯正

妊娠中の身体の痛みや産後の骨盤の開きが気になるならゆう整骨院へ!

□ 妊娠してから足がむくんで辛い

□ 大きなお腹を支える腰や背中が痛い

□ 出産前の洋服が入らない

□ 授乳の姿勢で肩こりがひどくなった

□ 妊娠による体重増が産後も続いている

妊娠中の辛い腰痛や背中の痛みで悩んでいらっしゃる方はたくさんいます。
というのも、妊娠中にでるリラキシンというホルモンは、月経前や、妊娠3ヶ月~産後2~3日に分泌されます。このリラキシンというホルモンは関節や骨盤を緩め、お産に備える役割があるのです。
そのせいで、腰痛症状が出たり、お腹が大きくなってくると背中や腰の痛み、また圧迫されて足に血液が流れなくなるので足がむくみ、眠れないなどの症状が出ます。
当院では出産間近まで施術を受けれるマタニティー指圧(マッサージ)を行っております。

産前産後の悩み

妊娠中に増える体重・・・産後の体重について

まず、そもそもなぜ体重が10kg近くも増えてしまうのでしょうか。臨月までにどんどん増えていく体重は、赤ちゃんの重さ以外にもたくさんあります。

産前産後の体重

 血液は2Kgも増加します。

生まれてくる赤ちゃんの授乳に備えて蓄えておかなければいけません。

 妊娠中は脂肪を蓄えます。

お腹の赤ちゃん(子宮)を守るためにがお腹につきやすくなります。
さらに、つわりや運動不足になりがちなので基礎代謝も低下し、さらには筋肉量も減っていきます。 つまり、妊娠中は太りやすくてカロリーを消費しづらい体になっているので、うっかり食べ過ぎてしまうと「6.脂肪」が必要以上に蓄積されるのです。妊娠中に脂肪が増えすぎてしまうと、産後の体重、体型の戻りに大きく影響してしまいます。

そして、産後母親の体から出ていくものはだいたい4kg近く。一般的に8kg増えて、出て行くのはその半分。つまり、残念ながら出産した直後に増えた体重分がプラスマイナスゼロになるというわけではないのです。
だからといって、産後に食事制限をしてダイエットすることはおススメしません。母乳育児の方は赤ちゃんに美味しい母乳をチャージするために、ミルク育児の方も不眠不休で育児をする自分の体と健康を守るために、体に良いものを心がけてしっかり食べましょう。 (※ただし食べ過ぎには要注意です!)

体重が戻れば体型も戻るの?

 体重と体型は別物。残念ながら、答えはNo。

産後は増えてしまった体重ばかりに目が行きがちですが、体重が戻っても大きくなったお尻周りやたるんだお腹は元に戻っていないというのが現実。ダイエットしても体型の崩れが戻らない…このことに悩むママがとても多いのです。
妊娠前のパンツやスカートが入らないのは、「骨盤が開いているから」と思っている人も多いのですが、実は骨盤が目一杯に開いているのは「出産の時」だけ。その後、自然に自身の力で閉じていきます。体重が戻っても妊娠前の服が着れない理由は、ほとんどの場合、妊娠中に蓄えられた「脂肪」のせい。
体重が戻ったとしても、増えた部位の脂肪が落ちたのか?というと、残念ながらそうではないのです。このため、ただ体重を落とすだけではなく、引き締めたい部位を意識的に使って鍛え、引き締めることが必要なのです。

産後の体重を元(妊娠する前の体重)に戻すには?

産後の気になる体重

「母乳育児だと痩せやすい」 「母乳だったから何もしていないのに体重が戻った」 と聞いたことはありませんか?
授乳で消費されるカロリーが1日600~800kcalくらいあるからなのです。このカロリー数は、1時間ほど運動した時と同じくらいの消費量なのです。

だからといって、安心して食べ過ぎてしまうと体重は戻るどころか増えてしまう傾向にありますので、これもまた注意しなくてはなりません。
妊娠中から産後にかけては、基礎代謝量(何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために行われている活動)が低下します。さらに筋肉量も減っているため、産後女性も妊娠中と同様に基本的に太りやすい体質であると言えます。
では、そんな中で産後の体重を妊娠する前の体重に戻すにはどうしたらよいのでしょうか?

妊娠中についた脂肪は、普通の脂肪と比べて落としやすい流動性の脂肪なので、出産後に基礎代謝量を上げる運動により、カロリーを消費し燃焼させることで、無駄な脂肪を落とすことが可能なのです。ただし、産後の体はデリケートなのでいきなり負荷の高い運動をするのは控えましょう。

産後は骨格や骨盤を正すチャンス!

ゆう整骨院の産後の骨盤矯正

妊婦さん、出産後のお母さんには通常の骨盤矯正とは異なる、専用の骨盤矯正プログラムが必要です。
つまり、美容目的でただ単に骨盤へのアプローチをすればいいわけではなく、反り腰によって影響を受けた腰部、背部、骨盤まわりの筋肉など、トータル的に矯正していかなければなりません。
この場合の目的は、「より早く以前の体のバランスに戻すための骨盤矯正」です。
体の土台である骨盤を中心に手を加えていけば、内臓機能の回復も含めて総合的にバランスを取り戻すことができます。

産後の骨盤矯正は、当院が責任もって施術を行なうと共に、お母さんにも積極的にエクササイズを行っていただきたいと考えます。
具体的に言うと、反り腰を元に戻してふさわしい姿勢を維持するためのエクササイズ、今後の歪みを防止するための骨盤周辺筋肉の強化プログラムなどをご紹介します。
「出産をしたからあたりまえ」と考えて、体の不調をそのままにしておくと、さらなるトラブルを身に招く結果になりかねません。
必要なタイミングで必要なケアを受けることが、今後のクオリティライフには欠かすことができません。

ゆう整骨院は、お子様連れの方を歓迎します。
子ども好きのスタッフがたくさんいますので、ご安心ください。

骨盤の歪み、O脚・X脚が原因かも?スタイレックスのご紹介

O脚・X脚が原因で、骨盤が前に傾いてまうことがあります。
当院ではスタイレックスという器具を使って、O脚・X脚の矯正をオススメしています。
スタイレックスは痛みを伴わず、幅広い年齢層に対応した画期的な矯正器具です。
スタイレックス
スタイレックスの詳細はこちらから!

料金表

10回コース 35,000円 1回あたり3,500円
15回コース 49,500円 1回あたり3,300円
20回コース 63,000円 1回あたり3,150円
25回コース 75,000円 1回あたり3,000円
プラン継続のお客様(同プランのみ適用)

8回コース……2ターン目以降2,500円割引
16回コース……2ターン目以降半額

電話 096-285-4970

電話 096-285-4970

予約優先となります

TEL 096-285-4970 【月・火・水・金】 10:00~13:00/15:00~21:00
【木】 15:00~21:00 【土】 10:00~15:00
【休診】 日・祝日

PAGETOP
Copyright © ゆう整骨院 All Rights Reserved.